第11回公開鍵暗号の安全な構成とその応用ワークショップ


開催日時2018年 3月1日(木) 9:55~18:10
開催場所産総研 臨海副都心センター別館(バイオ・IT融合研究棟)11階 第一会議室
(ゆりかもめ「テレコムセンター」駅下車 徒歩3分: 交通アクセス
参加費無料

開催趣旨:本ワークショップの開催にあたって

最新の公開鍵暗号技術に関するワークショップであり、第一線で活躍されている研究者の方に、研究に直接役立つような内容を講義形式で解説していただきます。特に、自分の専門以外の分野の内容を素早く吸収したい方や、効率的に最先端の内容を習得したい若手の方々の役に立つことを目標としています。このため、内容としては入門よりも高度なものとなりますが、その一方で、不明な点は自由に質問できる雰囲気を重視し、活発なワークショップとしていきたいと考えています。

参加申し込み

件名を「第11回公開鍵暗号の安全な構成とその応用ワークショップ」として、下記の情報をご記載の上、workshop.pkc gmail.com(担当:坂井)までお送りください。

  • お名前、ご所属
  • ご連絡先(e-mailアドレス等)
  • 懇親会のご出席/ご欠席( 2月23日(金曜日)正午締切、詳細はこちら

プログラム(最新版,敬称略)

10:00-10:50Compact Structure-preserving Signatures with Almost Tight Security (Crypto’17より)
西巻陵(NTT)
11:10-12:00Small CRT-Exponent RSA Revisited (Eurocrypt’17より)
高安敦(東京大)
(昼食、自由討論)
13:30-14:20Quantum Multicollision-Finding Algorithm(Asiacrypt’17より)
細山田光倫(NTT)
14:20-14:50Fast Lattice Basis Reduction Suitable for Massive Parallelization and Its Application to the Shortest Vector Problem (PKC’18より)
照屋唯紀(産総研)
15:10-16:00On the Exact Round Complexity of Self-Composable Two-Party Computation(Eurocrypt'17より)
清島奨(NTT)
16:00-16:30Key Dependent Message Security and Receiver Selective Opening Security for Identity-Based Encryption(PKC’18より)
北川冬航(東工大)
16:50-17:40The Minimum Number of Cards in Practical Card-based Protocols(Asiacrypt’17より)
宮原大輝(東北大)
17:40-18:10Public Key Encryption with Bad Randomness, Revisited (PKC’18より)
松田隆宏(産総研)

懇親会について

ワークショップ終了後、19:00頃より会場周辺にて、懇親会を計画しております。ワークショップ申し込みの際に、懇親会参加希望も併せてお知らせください。懇親会の詳細は、参加申し込みをされた方に後日お伝えいたします。