• メディアインタラクション研究グループ
    Media Interaction Group

メディアインタラクション研究グループ

さまざまなメディアコンテンツ(音楽、動画、テキスト、ユーザ活動、実世界デバイス等)を対象に、人々の生活の豊かさの向上に資するメディアインタラクション技術を研究開発しています。具体的には、コンテンツの創出と利活用を促進し、生産者と消費者をつないで社会の創造性を高めることを目的とし、生産者の知識・経験・技術を補いながらコンテンツの創出を容易にして価値創出を支援する技術と、消費者の鑑賞・検索・推薦・ブラウジング等を多様化してコンテンツの価値向上を支援する技術を開発します。そのためのメディア処理技術やインタラクション技術等を研究開発し、音楽情報処理、歌声情報処理、ヒューマンコンピュータインタラクション、ウェブサービス、信号処理、機械学習、検索・推薦、コンピュータグラフィックス・アニメーション、視覚化・聴覚化、クラウドソーシング、コミュニティ分析・支援、大規模データ処理等に関して、基礎研究から応用研究まで幅広く取り組みます。

お知らせNews

2018/11/08
「人工知能で「ヒット曲」難しい理由 ”良い音楽”は科学できるのか」
メディアインタラクション研究グループ 深山覚 主任研究員
2018/04/10
メディアインタラクション研究グループの中野倫靖主任研究員が、IEEE PacificVis 2018 において、Honorable Mention Poster Awards を受賞しました。
2017/10/02
後藤 真孝 首席研究員が平成29年度「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞を受賞しました。
*平成29年度情報化促進貢献個人等表彰 経済産業大臣賞
2017/09/19
後藤真孝首席研究員が、 日本ソフトウェア科学会において、2016年度基礎研究賞を受賞しました。
2017/09/13
メディアインタラクション研究グループの佃洸摂研究員が、情報処理学会において、2017年度(平成29年度)山下記念研究賞を受賞しました。
2017/08/02
音楽に合わせて多様なデバイスを制御できるプラットフォームを公開
-インターネットを介した大規模音楽連動制御を手軽に利用できる「Songle Sync」-

採用情報Recruit

2018/01/30
次世代メディアコンテンツ生態系技術に関する研究開発に従事するポスドク(第一号職員)を募集しています。
2018/01/30
次世代メディアコンテンツ生態系技術に関するエンジニアリング業務に従事するエンジニア(第ニ号職員)を募集しています。

研究員一覧Researcher

名前 役職
濱崎 雅弘 研究グループ長
後藤 真孝 研究グループ付 (兼務)
中野 倫靖 主任研究員
深山 覚 主任研究員
加藤 淳 主任研究員
佃 洸摂 研究員
小山 裕己 研究員
渡邉 研斗 研究員
Tian Cheng 研究員
中村 裕美 産総研特別研究員
土田 修平 産総研特別研究員
Kin Wah Edward, Lin 産総研特別研究員
Fabrizio Pedersoli 産総研特別研究員

公開サービス Publicly Available Services

Songle(ソングル)は、音楽をより深く理解しながら、能動的に音楽鑑賞が楽しめるサービスです。

音楽視聴支援サービス Songrium (ソングリウム)では、ニコニコ動画上のVOCALOID関連の動画間のつながりを「矢印タグ」という形で名付けて共有することができます。つながりを意識しながら、さまざまな音楽に出会うことができます。

TextAliveは、ウェブ上に公開されている音楽に合わせ歌詞が動く動画(歌詞アニメーション)をブラウザ上で作れる制作支援サービスです。簡単に自分好みの演出をつけることができます。