研究部門長挨拶


研究部門長 田中 良夫

ビッグデータから意味のある情報を引き出して活用することが産業競争力強化や人々の生活の質の向上の鍵となっています。例えば実世界(フィジカル空間)で得られるデータを計算機の世界(サイバ ー空間)で分析し、その結果を実世界に還元するサイバーフィジカルシステムは、あらゆる産業や社会システムを飛躍的に高度化する技術として期待されています。情報技術研究部門では、これら2つの空間を安全につなぎ、大量のデータを効率良く分析し、新たな価値を生成する、以下の研究開発を進めています。

  1. 1)現在の計算機では実用上扱うことのできないビッグデータを高速に処理する計算機アーキテクチャとシステムソフトウェア
  2. 2)安心して利用できるサイバーフィジカルシステムの実現を目指してソフトウェアとハードウェアの両面から取り組むセキュリティと軽量で高機能な暗号技術
  3. 3)人とコンテンツのインタラクションにより価値ある情報コンテンツの創出と利活用を促進するコンテンツ技術(クリエイティビティ・イネーブリング技術)